So-net無料ブログ作成
検索選択

2015年末エジプト旅行記vol.24 [旅行(海外)]

はろー! ぼんじゅー なのミュっ♪






もう夏?.jpg
急に30度超えの夏日になっちゃったからねーっ(; ̄ー ̄川 アセアセ

夏の恒例『ミュウの開き』完成です(*´ゝ艸・`)ププ

↑↑ 少し前のことですw 最近は少し肌寒い時もありますよね^^




もう夏?-1.jpg
なんか...イケてない顔(* ̄m ̄)プッ




もう夏?-3.jpg
あら、お目覚め??





もう夏?-2.jpg
まぁまぁ...何を今さら(ΦωΦ)ふふふ




もう夏?-4.jpg
事務所?? トリコあたりが仕切っていそうだな( ̄▽ ̄;)アハハ…






・…………・…………・…………・…………・…………・…………・…………

さて、エジプトの続きです。

最初に泊まったカイロのホテルに戻ってきましたー。

その時も気になっていたのですが、すでに12月も31日だというのに

まだサンタさんがいて、しかも...








このナメたような表情(  ̄っ ̄)




夜は、ピラミッド前で行われる『音と光のショー』のオプションを

申し込んでいました。ルクソールの神殿では見たことがあるのですが

ピラミッド前というのにそそられて(●´ω`●)ゞエヘヘ

寒いからしっかり防寒して行ってね、とガイドさんに言われました。






ショーを見る前に、ビュッフェ式の夕食です。


席から見えたピラミッド






ゴチャゴチャーとした盛りになってしまいました( ̄∇ ̄;






グアバだったか、そういう系のジュース(たぶん)






デザートがあったのでとってきました。甘々な感じ(´ヘ`;)




ドリンクを運んで来てくれたおじさんというかお兄さんが、私たちが日本人

だと分かると、やたら『ボールペンくれ!』と言うのです。

日本製のは性能がいいから、ってことらしいですが、余分には持って来て

いないので、『ダメ』と断るも、けっこうしつこかったです( ̄ω ̄;)





席、けっこうガラガラ(笑)





これはクフ王のピラミッドですね。壮大な音楽とともにライトが!!

エジプトやピラミッドの歴史を解説するナレーションが流れ始めます。

日本語の音声ガイドを貸してくれるのですが、性能がイマイチで音が途切れたり

結局最後は聞けなくなってしまって、英語版を何となく聞いていました(笑)






スフィンクスにライトが当たると、スフィンクスが何やら語り始めます。






前の石垣?にプロジェクションマッピングでいろいろ映し出されます。

これはミイラを作っているところですね。






スフィンクスも着色されてこんな感じに...

出来た当時はこういう感じだったのでしょうね^^







3つのピラミッドとスフィンクスにライトが当たって、昼間とは違う趣きが

あります。


コートを着ても寒くて... フードも被りましたが、カイロを持ってくるべき

だったなぁと反省しました。(カイロだけにーーーーw)

以前行った時は寒い印象が全くなくて『暑い!』だったものですからΣ(ノ∀`*)ペチ

砂漠の国の朝晩はナメてはいけませんね。気温差かなり激しいです(≡ε≡;A)







翌朝の朝食

正直、初めてちゃんとホテル内で朝ごはん食べた気分。

(ルクソールでも1回ホテル内で食べましたが、その他はお弁当作ってもらって

バスの中で食べることばかり[あせあせ(飛び散る汗)] 出発が早すぎるから仕方ないですねw)





見栄えしませんが、生野菜は危険だからパス( ̄x ̄)乂

ゆで卵につける食塩がなくて、ボーイに頼んだら『OK!テーブルで待ってて』

というのでおとなしく待っていても一向に来ず( ̄へ ̄|||)

仕方ないので、隣のテーブルから拝借しましたよ(@ε@)ブゥ






この日の夕方、エジプトを出国する予定なのですが、それまでオプションで

メンフィス・サッカラ・ダハシュールへ行くことに。

メンフィスは、テーベ(現ルクソール)が首都となる前、古王国時代の首都。

サッカラ・ダハシュールには、ギザの3大ピラミッドより以前に作られた

ピラミッドがあります。

サッカラは、古代下エジプトの首都だったメンフィスのネクロポリス

(死者の町)だったそうです。つまり死者を葬るための町です。

というわけで、たくさんのマスタバ墳(直方体の形をした墳墓)があります。



古い運河沿いを走っていきます。周辺にはナツメヤシが茂っています。





まずはダハシュールから...

何やら三角錐が見えてきましたね( ̄∀ ̄*)イヒッ







屈折ピラミッドです。

ここは入ることが出来ません。

途中から傾斜角がゆるくなっている不思議な形をしています。

一説では、急傾斜で設計されたものの、途中でひび割れが出来たので

下部を補強して、上部の傾斜角を緩めたと言われています。

建立したのは、次にご紹介する『赤のピラミッド』と同じくスネフェル王と

されています。






赤のピラミッド 石が赤みを帯びているから、そう呼ばれています。

古王国時代第4王朝のスネフェル王(クフ王の父)が建設したものです。

高さは105m、底辺の長さは220m、傾斜角は屈折ピラミッドの頂上部と

同じく43.22° わりと緩やかです。







ここは内部の見学が出来るので、入りましたよw 初めて入りました♪

中は撮影禁止なのですが、今はスマホ持っているので撮れちゃいますよね^^

中が狭いので、『後ろ向きに降りて行け!』と言われて半泣きになりました。

高いところは苦手なのに、後ろ向きってーーーw 降りて行く先が見えないww

ガイドにも書かれていましたが、中は独特のアンモニア臭がしました。

なので、早々に退散しましたケド(・∀・;)

マスクしておいたほうがいいとガイドに書かれていたので、マスク着用したまま

出て来たら、すれ違いに中に入ろうとしていた欧米人に『あなたたちはなぜ

マスクしているの?』と聞かれ、理由を説明しましたが、日本人は普段から

マスクをしている人が多いので不思議に思ったみたいです。

欧米では、予防のためにマスクをするという習慣がなく、マスク=病気という

イメージみたいですね(; ̄ー ̄川 アセアセ






これが、ギザの3大ピラミッドに一番近い形のピラミッドですね。







てっぺん部分は崩れている感じですね...





連れが内部をスマホでこっそり撮ったのですが、この隙間なく積まれた石が


すごすぎますw( ̄Д ̄;)w






上を見上げると、切り妻風っぽい造り






当時、こんなまっすぐに石を切り出して積む技術があったということに

驚きというか、信じられない思いがします。ホントに人間が作ったものかなぁ。







こちらは車窓から撮っただけですが、『黒のピラミッド』と呼ばれています。

日干しレンガと玄武岩で作られているため黒く見えます。

中王国時代第12王朝アメンエムハト3世のもので、後に化粧石をはがされた

ことで風化してしまいました。今は遠くからの見学のみ許可されています。

てっぺんのキャップストーンは、カイロの考古学博物館に展示されています。






この写真を見るとカイロ付近の空気の悪さにもうなずけますね┐(´~`;)┌

近代化と公害は切っても切れない関係ですねε- ( ̄、 ̄A) フゥー

早く環境にも配慮出来るようになってもらいたいところですが...







続きは次回です(*^-゚)v






仕事が忙しいというのも1つの理由ですが、最近モンハン(モンスターハンター)

にハマっていまして、ブログがおそろかになってしまっています(*_ _)人

約二人分のお仕事もあと半月ぐらいで(たぶん)終わると思いますので、

あとちょっとだーwと思いながらがんばろうと思っています^^

今週は、木・金お休みを頂いて、信州方面に行く予定です。

会社の皆様には申し訳ないのですが、先輩が負傷される前から計画していた

ことなので、何とか都合つけてもらうことにしました( ̄∀ ̄*)イヒッ

草津も行く予定なので、温泉など入りながら癒されてきます[いい気分(温泉)]



ではでは(* ̄▽ ̄)ノ~~






おサボリしている間に、リッチテキストの形式が変わったみたいですね。


使いにくいーーーw 絵文字も表示されないのですが、みなさまいかがですか?


[るんるん]ただいま2つのランキングに参加しています ミュウを応援してくださいネ[かわいい]

  1日1クリック有効です ポチっとよろしくお願いいたします(〃ω〃)

         11399192.jpg  11399223.jpg
      ポッチンしてくだしゃい♪(o ̄∇ ̄)/ いつもありがとなのミュ[るんるん]


nice!(31)  コメント(38)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行